お金を借りるのはダメ!節約方法

お金の節約方法

自動車の給油時に気を付けること

車

車に乗っている人にとっては生活必需品である燃料ですが、皆さんはどのようにしてガソリンを補給しているでしょうか。 車に乗っている人が、簡単にお金を節約するためにはガソリンを満タンにしない方がよいといえて、ガソリンを満タンにしない方が節約になる理由は、ひとつではなく色々な要因が絡んできます。

ガソリンは、車を走らせるためには必要な燃料ですが、ガソリンの重さも燃費に関係してくるということを考えたことがあるでしょうか。 車のガソリンの貯蔵量にもよりますが、タンクの大きさによっては子供一人分の重さになるようなことも珍しくなく、そうなると当然その分だけ燃費は悪くなってしまいます。

そのため、車の重量の観点から考えても、常に満タンで走っているよりかは、満タンの半分くらいの量で走っている方が燃費向上に繋がるというわけです。 また、ガソリンをはじめとした燃料全般にいえることが、値段が変動するということですが、ガソリンを半分くらいの給油に留めておくことによって、ガソリンが高い時と安い時の差が相殺されて平均化される可能性もあります。

これは、頻繁に車に乗っているような人はあまり関係ありませんが、車にあまり乗らず給油回数も少ないという人ならば、より購入コストが平均化される可能性があるのです。

購入コストの平均化

確実に安いとわかるような値段ならば、満タンにするのもよいかもしれませんが、そうでない場合はガソリンを半分ずつ入れるようにして購入コストの平均化に務めてみてはいかがでしょうか。

また、あまりに長期間車に乗らない期間があるような人は、満タンにして使わなかったガソリンが古くなって燃費低下の原因を作ることもありますので、お金の節約をするならば自らの車の利用状況に合わせた給油を考えてみるのもよいです。

このようにガソリンを満タンにしないことのメリットはいくつかあることがわかりましたが、特に重さによる燃費の部分はお金へ影響が大きいので、ぜひ実践してみるとよいでしょう。

・最新情報
  • 在留資格に「介護」も 改正出入国管理法が成立
  • 経済産業相 米通商代表に貿易自由化の重要性伝える
  • ガソリン小売価格 原油価格下落で6週ぶり値下がり
  • 10月の貿易収支 2か月連続の黒字
  • スピードスケートW杯 あすから長野で 小平らが公式練習
  • 競技会場見直し 鈴木長官「選手みずから意見発信を」
  • 女子ゴルフ 初日トップの原 3位に後退
  • 人民元基準値 10営業日連続で引き下げ
  • WADA 重大違反へ制裁強化など 改革案を承認
  • 日ロ 経済協力プラン具体化に向け共同声明発表へ