お金を借りるのはダメ!節約方法

お金の節約方法

お金を借りるのではなく、簡単にできるセーブ術を知ろう

貯金箱

簡単にできるお金の節約術は世の中に溢れかえっていますが、実際にそれを実践している人は少数です。 節約をしないで安易にお金を借りる方も大勢います。 なぜ、簡単なのにもかかわらずにお金を借りるのではなくセーブできないのか、それは節約に対して意識が向いていない、お金のセーブ術を知らないの2つの理由からなります。

こちらのサイトは、そんな世の中に溢れかえっている、日常の中で簡単にできるお金を借りる事なく節約術を皆さんにお知らせするサイトです。 複雑な計算を必要とするようなお金の節約ではなく、知っていれば誰でも簡単に実践できる節約術だけを厳選してお伝えします。 お金を借りる予定の方は、考え方を改めましょう。

簡単にできるお金の節約といえば誰でも思い浮かべるのが食費や光熱費の節約です。 食費は献立を考えたり、食材の仕入れをネット通販で行ったりするだけでも簡単にお金の節約は可能です。

ネット通販ならば食材だけではなく、その他の商品についても安く手に入れられる可能性を秘めていて、そのポイントになってくるのが比較サイトです。 また、もはや当たり前の事となっていますが、インターネットを使えば最安値検索も簡単にすることができます。

支出の見直しをしよう

簡単にお金を節約したいなら生活の中で必ず必要になってくる支出に注目するのが大切です。 お金を借りる必要性がある方でも支出を減らす工夫をすれば、借りることなく済むというケースが多いです。 自動車関連はお金が掛かることが多いので、支出を見直すことで大幅なお金の節約に繋がります。 ガソリンの給油をする際にちょっとした工夫をしてみたり、自動車保険を見直したりするのもよいでしょう。

車はかなりの金食い虫なので、お金を節約できる部分が多いです。 例えば、車の後部座席やトランクにいらない荷物を積んでいないでしょうか。 この荷物を車から降ろすだけでも燃費が大幅に改善します。 また、あまりにも古い車に乗っているなら、最新の低燃費車に買い替えるのも良い方法です。 新車を購入するとお金が掛かってしまいますが、通勤にマイカーを使っていて毎日車に乗るのであれば、燃費改善によって金銭面の負担は少なくなります。 新車を買う際にはできるだけマイカーローンでお金を借りることをせずに買いましょう。 お金を借りるとあとあと返済が大変になりますし、借りたお金の額以上の支払いをしなければなりません。

保険といえば生命保険も見直したいもので、一括見積もりや無料の保険相談など、お金の節約に繋がるサービスもたくさんあるので上手に利用していきたいものです。 生活していく上で避けられないお金の支出というものがあり、そんな支出をただ言われるがままに支払っているのではもったいないです。 そんな支出である公共料金などもクレジットカードを経由して支払うことによって節約効果を得られます。

このように知っているのと知っていないのとで、大きな差となってしまうお金の節約術はたくさんありますので、節約を志すならばこちらのサイトに掲載されている節約術を知って、まずは簡単な節約に取り組んでみてはいかがでしょうか。

簡単な節約で大きな効果を得る、お金の節約においてこれほど素晴らしいことはありませんので、ぜひ各詳細ページもご覧になってみてください。 特にお金を借りるつもりだった方は、お金を借りる.comで借入れをするよりまずやるべきことは節約だという事を肝に銘じる様にしましょう。

お金を借りる事への抵抗

私の友達はたぶん買い物依存症です。 私と買い物に行ってもカワイ?と言って、すぐ商品をレジに持っていきます。 普通買うかどうか少し悩みますよね。

ネットショッピングもたくさん利用していてお金を借りることにも抵抗が無い様で、クレジットカードのショッピング枠も最大まで使っているみたいです。 私の場合だと、お金を借りることまでしてネットショッピングを楽しもうとは思いません。 しかも彼女の稼ぎは私の3倍はあるんだからお金を借りる必要性がなさそうなんですがね。 金持ちのやることはよくわかりません。

買ってる時が一番幸せそうで、買ったものその物には興味がなくなるみたいです。 だから彼女が要らなくなったものを新品のまま譲り受けるときもあります。 そのときはラッキー!と思っちゃいますけどね。 お金持ちがお金を借りるのが何でなのか、よくわかりません。 [追記]

給料は貯金しよう

このまえ久々にお金をたくさん使いました。 今まで給料は貯金していましたが、友達としばらくぶりで会えたのがうれしくて食べたり飲んだり、それは派手にお金を使いました。

これからちょくちょくその友達と会うことになったので、もっとお金がかかることでしょう。 友達と上手に付き合っていくにはどうしても金銭って必要です。 カラオケでも飲み代でも楽しいことにはお金がかかります。

人と関わることは自分のお金を流通させることだと思います。 でもそれでこそのお金です。 お金は使うためにあるものです。 将来、使うために貯めるんですよね。 また、お金を借りる事態にならない様に貯めるのです。

たとえ親戚の子供たちにお年玉を5千円ずつあげることだって、もったいないと思っちゃだめですよね。 そうやってお金を使うことで付き合いが深まるなら、それは必要なことなんだと思います。

親戚の子どもたちも、大人になったら今の私の気持ちがわかるだろうなと思いながらあげています。 今回は友達とけっこう派手にお金を使いましたが、貯金があったので、お金を借りることにはなっていません。 これからは貯金を増やしていくつもりです。 借金でお金を借りるのは避けてきたので負債はありません。 ですから来月からでも貯金額を増やすことができます。

あればあるだけ使っていたのではいつまでたってもお金は貯まらないし、いざ使いたいと言うときに借金でお金を借りるしかないのでは困りますからね。 給料の貯金は天引きでずいぶん前からコツコツ貯めているので、割と貯まってきています。

だから時々は今回みたいに派手に使うことができたのだと思っています。 貯めておけば、万一の時にもお金を借りる必要がありません。 [追記]

お金を借りるとやっぱり苦労が伴います

お金を借りると一括りにも言っても、必ずしてもマイナス要因だけとは言い切れませんが、お金を借りたことで返済に苦心する方は少なからずおられます。 金欠の時に例え借金だとしてもお金を借りることができれば、誰しも助かった、ありがたいと思います。 現金を手にした時はハッピーな気分になれますが、その後に返済が待っておりアンハッピーな状態が長く続くという事を忘れてはなりません。

当たり前のことですが、自分の毎月の収入で全く問題なく返済できる金額のお金を借りるのであれば、借金苦に陥ることはないでしょう。 金融機関のキャッシングを利用するにしても節度を持って賢く利用すれば、とても便利なサービスと言えます。 ですが、人によっては甘さがありますので、ついつい金欠が続くと安易に返済のことを良く考えもせずにお金を借りる事もあります。

僕は初めて金融機関でキャッシングの申し込みをした時は、周囲の友人からお金を借りるとその友人を失う結果にきっとなるだろうとの判断から貸金業者を利用することにしました。 初めてのキャッシングは審査にパスするかなどドキドキものだったのですが、そんな憂慮はまったく意味がないほど、簡単に審査は合格となりました。 その時は、初めてという事もあり、数万円のお金しか借りなかったのですが、それでもその借金を返済している間は、かなり節約をしなければならないほど生活するのに苦労をしました。

その経験があったので、それ以降は僕自身はお金を借りることは止めました。 僕の会社の同期で、借金まみれとなって会社を辞めていった人もいるので、そういう方の姿は自分にとってお金を借りることの危険性としての教訓になっているのだと思います。 [追記]

外出が増えた結果の借金

私は元々内気で内向的な性格をしていました。 そのため、友達もあまりいません。 さすがに、このままでは良い人生を歩めないと考えて、意識的に外向的になろうと努力をしました。 ですが、その結果、お金を借りるという事をしてしまいました。

やはり外にでると服装に気を使ったり、外食や交通費なども掛かってきます。 また、ブディックなどで欲しい物があるとどうしても買いたくなります。 最初は、おしゃれなコーディネートをするために衣類に5万円ほどお金を掛けました。 買い物はクレジットカードを使ったので、もちろんお金を借りるという形になります。 可愛い服を買うとそれにあったバックや靴も欲しくなってきます。 そして、アクセサリーなども身に付けたくなって来ます。

昔は質素な生活を送っていた反動なのかもしれませんが、良いなぁと思ったほとんどの物はクレジットカードでお金を借りることをしてでも買いました。 その後は、自分自身を磨きたいと思うようになり、エステサロンやネイルアートのお店に行くようになりました。 昔はおしゃれに無頓着だったため、おしゃれをするために突然色々な物を購入したので、お金を借りることを繰り返した結果、借金の額が60万円を越えていました。 さすがに、このペースでお金を借りる事を積み重ねていったら、自分のお給料じゃ返済できなくてパンクしてしまうと不安になりました。

今は、借金返済を優先するために買い物は控える様にしています。 外向的になった結果、友達が増えたのは嬉しいのですが、お金の返済にしばらくは苦心しそうです。 [追記]

バイトが続かずお金が足りない

昔から堪え性がなく、バイトがなかなか続きません。 一番長く続いたのも1年くらいで、数ヶ月単位で辞めてしまうことが多かったです。 バイトを辞めるときも次のことを考えてたわけではないので、無職の期間も多かったです。 ですから生活費がよく足りなくなってしまったので、お金を借りることも多かったです。

お金を借りることができたらどこでもよく、知人や家族、消費者金融を利用していました。 バイトを1年くらい続けた時に消費者金融に申し込んだら、意外と簡単にお金を借りることができました。 しかし最近は新規のキャッシング申込をしても、なかなか審査に通ることはありません。 やっとで審査に通ったと思ったら、借りることができたお金はたったの6万円でした。

知人や家族も既にお金は貸してくれません。 やっぱり不安定な収入のせいなのが原因だったようです。 何年も前に借りたキャッシングは利用可能枠が50万円にまで広がっているものの、借入ができなくなりました。 審査が緩いという闇金まがいの業者で借りてしまい、ついに借金返済ができなくなりました。 どこからもお金を借りることができないし、仕事もまた行けなくなりました。

今は生活保護申請と自己破産を同時に検討しています。 でも100万円弱の借金額で果たして自己破産できるものなのかどうか… ギャンブルなどが原因ではないので、弁護士にも大丈夫だろうとは言われています。 後は自己破産の手続き費用をどうするかが問題ですが、その辺は家族に頭を下げてお金を借りるつもりです。 [追記]

・最新情報
  • NY市場 円相場値下がり 約5か月ぶり1ドル=109円台に
  • 受動喫煙の場所は飲食店が4割余 対策を強化へ
  • コロンビアの地雷撤去 10億円無償資金協力を伝える
  • 本格的な雪に備え「ササラ電車」の試運転 函館
  • アサド大統領 トランプ氏にシリア政策の転換を期待か
  • 北斎美術館 来週オープンへ 東京・墨田区
  • 米学術団体がトランプ次期大統領の政策に懸念
  • 鳥インフル警戒レベル最高に
  • 梨の栽培でドミニカ共和国と交流 千葉 松戸
  • TPP トランプ氏に再考促す声やほかの選択肢模索の動き
全国銀行協会